<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

日常とかお返事とか

更新情報や拍手のお返事、日常雑記
本サイトは「なっとうぜんざい。」
(http://haruka.saiin.net/~zenzai/)
<< かしまし〜ガールミーツガール〜SS更新 | main | どっぷりシュタインズゲートにハマリ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
あけましておめでとうございます
本サイト更新してなくてすみません。連載物もこそこそと書いてはあり、アップできる文はたまってるんですが。

ところで、今更シュタインズゲートにはまりました、そりゃもう、首どころか頭までつかる勢いで
ルカ子可愛いよルカ子。
オカクリ末永く爆発しやがれw などなど色々な思いが交差しています。

ルカ子ss(主に岡部さんと)すでにいくつか書きはじめているのですが、長くなるやも知れないのでこちらは出来上がり次第、本サイトに上げたいなと。

今回生存報告のついでに岡部と紅莉栖の勢いのまま書いた短め、小ネタ物一本あげときます。
本年も皆様よろしくです。


『俺の名前を言ってみろ!』

 俺こと、鳳凰院凶真こと岡部倫太郎は、あー、助手と付き合う事になった。
 世界線を越えて、再び出会えてから実に一年以上経ってのことであった。
 この一年、俺が何をしていたか、詳細に語る気はないが周囲の声を一寸拾っておこう。

「流石の僕も『もう、つきあっちまえよ』と言わざるを得ない」
「凶真ぁ、まだつきあってないという気にゃ? さてはこのフェイリスを欺こうと……ほんとみたいにゃ……」
「まゆしぃはこのままだと大逆転でー、オカリンはるかくんとくっついちゃうかと思っちゃうよー」

 などと言いたいように言われていたが……まぁ、それはともかく!
 なんだかんだで俺と助手は付き合う事になったわけだ、が。問題はこれからなわけだが。
「なあ、クリスティーナ、あるいは助手よ。明日暇ならデー……」
「だ・か・ら、わたしはクリスティーナでも助手でもないといっておろうが!」
「名前など瑣末な事に拘るな。折角この鳳凰院凶真が助手をデートに連れて行ってやろうと言うのに」
「へ……で、デート」
 とたんに顔が真っ赤になった。実にわかりやすい。
 俺はにっと笑って見せる。
「そうだ、どうだ、嬉しいだろ? 俺とのデート」
「う、嬉しくなんかない」
「セレセブよまた得意のツンデレか」
「違う! 名前もまともに呼んでくれない男とのデートなんてごめんって事……今日は帰る!」
 すくっと立ち上がるとずんずんドアに向かい。バタン! 力強くドアを閉め、助手は出て行った。
 逆上させてしまったようだ。一人、ラボに取り残された。
 わかってはいるのだ。そろそろ名前で読んでもいいかなとは思っている。
 だが、例えばバランスを考えてみたらどうだ。
『なあ紅莉栖』
『何、岡部』
 ほら、やっぱりおかしいじゃないか。
 そうだとも、向こうが先に倫太郎、あるいは倫太郎さんと呼べばいいのだ。例えばルカ子なら『岡部さん』『凶真さん』とさぞ愛情をこめて、俺の目を見つめて呼んでくれるだろう……はっ! い、いかん。流されたら駄目だ。
 俺はデスクトップのカレンダーを表示させる。
「むぅ、また一日が過ぎてしまったな」
 今日の日付は12月1日。俺のハタチの誕生日まであと2週間である。
 このままでは確実にDTの冠を抱いたまま20代に突入するだろう。
 俺もついこの間までは『20だろうが30だろうが魔法使いになろうが大きなお世話だ。俺は俺のやりたいようにさせてもらう!』と、思っていたのだが。
 折角彼女というものができたわけなのだから。10代の内にけりをつけてもいいんじゃないか、そんな考えが頭をよぎるようになったのだ。
 付き合いだしてからペースが早すぎる? いや、その前の期間が長すぎたのだ。ナンパでその辺の女とというのとは訳が違う。
 それに俺自身は出会ってからすぐに魅かれていたわけだし……。
 だが。
 今日もデートの約束すらしそびれてしまった。
 あのスイーツのことだ、自分の中の段取りがあるに違いない。一応、一つ一つ手順は踏むべきだろう。
 それには時間がすでにあまりない……どうすればいい? 時間? そうだ、俺にはDメールがあるじゃないか!
 まず、何よりも第一段階。あのセレセブに俺の事を倫太郎さんと呼ばせるのだ。
『岡部、岡部』と話しかけてこられるよりも『倫太郎』の方が断然スムーズに行く気がする! 何となく。
 携帯を取り出し文面を考える。
「凶真、は無理としてもせめて倫太郎と言わせるように……これでよし」
 Dメール!
 ……。

 いつもの感覚……今、俺はどこだ、何をしている……。
「じゃあ、まゆしぃは帰りまぁーす、お二人さんはごゆっくりー」 
「ん、じゃあな」
「バイバイ」
 まゆりが俺達に手を振り、ドアを閉めた。
 今の状況。具合良くラボのソファに並んで座って、しかも誰もいない。首尾はどうなったのか早速、試すチャンスだ。
「……なあ、俺の名前を呼んでみてくれないか」
 耳元に顔を近づけ、サービスに少し甘い目の囁きを入れてみた。
「え……あの、岡部……じゃなくて……えーと……おか……べ……」
 どうやら上手い事言わせるように仕向けられたらしい。俺は重ねて囁く。
「恥ずかしがらないでもいいだろう……さあ、言って」
「……りん……」
「ん、聞こえないよ」
「やっぱり恥ずかしい、だって他の人の前でも『こう言え』なんて」
「そんな事ないだろ? さあ」
 顔を赤らめてもじもじしてこちらを上目遣いで見ながら言った。
「だって、二人だけだったらともかく、人前でもなんて無理。『オカリン』なんて」
 一体どういう展開でこうなったの、おれ!

| 雑記 | 07:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 07:17 | - | - |
comment
comment?









TrackbackURL
http://zenzai.jugem.jp/trackback/140
trackback